読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「受託開発とエンジニアの幸せ」にいってきた

event book

ジュンク堂の池袋店で開催されたトークセッション(http://kakutani.com/20080424.html#p01)と、その後の懇親会に参加してきました。

面白かった。酔っぱらいながら感想書く。

トークセッション

  • 岡島さんが新人に教えている3つのプロフェッショナルの条件ってのが良かった(うろ覚えなので若干言葉が違っていると思いますが)。こういうことが言えるリーダについていきたいし、なりたい。
    • 社会との接点を持とう
    • 他人の仕事をリスペクトしよう
    • コストに見合った成果を出そう
  • 皆さん寝る時間を削って本を書いているとか。僕もいつかは書きたいと思っているので参考にw
  • 永和の人は普通の人たちだけど、そこに文化があるからアジャイルのような新しいやり方が根付いていくんだよという話が印象的だった。ギークみたいな人たちが必須というわけじゃないんですよね。僕は今まさに会社で勉強会やったりアジャイルやったりして、文化をつくっていこうとしているところなので、すごく勇気をもらった。
  • 岡島さん、角谷さん、木下さんにサインをして頂きました。「リーン開発の本質」は会社に置きっぱなしだった><

懇親会

  • トークセッションで角谷さんが「もっと早くコミュニティとかに混じっていれば良かった」と言っていたけど、ホントその通り。僕はこういう懇親会には初参加で、誰も知り合いがいないから、申し込むときはドキドキしていたけど、皆さん気さくに話しかけてくれるし、すごく楽しかった。
  • 何が楽しいって、普段会社ではまったく通じないような話ができるところ。アジャイルとか開発合宿の話とか、聞いているだけでも面白かった。
  • 「夢をかなえるゾウ」は読んでる人多いなぁ。僕は今読んでるところ。
  • 英語の多読やってみる!
  • アジャイルプラクティスの社内勉強会やったら、ここで報告する!
  • こういうイベントに社長さんが出てくるのってすごいことだと思う。トップの考え方と会社の文化って関係が深いんだろうなぁ。

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

受託開発の極意―変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)