読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学で講師を務める

work

突如、ピンチヒッターで大学院の講義の講師を務めることになりました。

まぁ講師を務めるとは言っても、2日間だけの集中講義ですが。

ということで急遽講義資料を作り始めたのですが、プログラミングにそれほど詳しくない学生さんに、フレームワークやら何やらの話を噛み砕いて教えなくてはならないということで、なかなか難しい。
どうやったら分かってもらえるだろうかと、うんうん頭を捻っている間に、思いのほか良い資料ができあがってきました。
これまで自分の中で蓄積してきた暗黙知を、形式知として出せた感じがする。それどころか、自分でもはっきり認識していなかったことまで明確にできた。(自分でもちょっと驚きました)

こうやって形式知としてアウトプットを出せたのは、今年に入って多くの本を読むようになって、様々な思考のフレームワークを適用できるようになったことが大きいように思います。やっぱり読書重要ですね。

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」

問題解決プロフェッショナル「思考と技術」

まだまだ、まとめ方としては甘い部分もあるのですが、今回まとめた内容は、まだ1冊も書籍が出ていない内容だし、いずれ書籍とか出せるといいなぁなんて妄想したりしています。

しかし、講義の準備ばかりやっていれば良いというわけではなく、プロジェクトのお仕事もやらなくてはならないので休日出社です・・・(;д;)